正田文右衛門 (5代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

五代 正田 文右衛門(ごだい しょうだ ぶんえもん、前名・唯一郎[1]1858年12月29日安政5年11月25日) - 1941年昭和16年))は、日本の政治家(群馬県邑楽郡館林町長[2]、醤油醸造家(亀甲正醤油醸造元)[2]実業家正田醤油取締役社長[2]。群馬醤油同業組合長[3]。族籍は群馬県平民[3]上皇后美智子は曽孫にあたる。第126代天皇・徳仁今上天皇)の高祖父

人物[編集]

群馬県邑楽郡館林町(現・館林市)出身。正田文右衛門の長男[2]。正田家は旧幕時代「米文」と称し米穀商を営んでいたが、祖父・文七に至りこれを廃し1873年以降醤油醸造業に従事した[2]

醤油醸造業を営み群馬醤油同業組合長であった[3]。其の他営業税審査委員、所得税調査委員に挙げられ日本赤十字社群馬支部商議員であった[3]1922年、公共団体に土地や金銭を寄附し、旌表された[4]。住所は館林目車町(現・館林市栄町)。

家族・親族[編集]

正田家
親戚
  • 木村浅七織物業、栃木県多額納税者) - 四女・すまの夫。
  • 坂本友七(仙女香、洋傘商、仙女香ビルディング主、東京市京橋区で洋傘洋杖等の製造販売に従事)[5] - 妹・てるの夫。
  • 正田貞一郎日清製粉創業者) - 長女・きぬの夫。上皇后美智子の祖父。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『群馬県邑楽郡誌』686 - 687頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録 第9版』シ88頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第4版』し40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月9日閲覧。
  4. ^ 『群馬県邑楽郡多々良村誌』308頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月6日閲覧。
  5. ^ a b 『人事興信録 第10版 上』サ97頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 群馬県邑楽郡教育会編『群馬県邑楽郡誌』群馬県邑楽郡教育会、1917年。
  • 群馬県邑楽郡多々良村編『群馬県邑楽郡多々良村誌』群馬県邑楽郡多々良村、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 上』人事興信所、1934年。

関連項目[編集]